車買取の補助書類は住民票のみ有効

車買取の補助書類は住民票のみ有効

車買取の補助書類は住民票のみ有効

金融の業界では、しばしば書類提出が発生します。クレジットカードなどヲ作る時には、必ず金融会社に対して身分証を提示しなければなりませんね。車買取もそれは同じで、必ず業者に対して書類を渡す必要があるのです。車検証や納税証明書など、色々な書類が必要になってくるのですが。

 

ところで書類提出に関わる専門用語の1つに、補助書類というものがあります。補助書類は、提出書類が現住所と異なっている時に必要になる書面です。
例えば業者に提出した書類に記載されている住所が、大阪府だとしましょう。ところが現在実際に住んでいる住所は、大阪ではなく東京だとします。つまり現住所と書面記載の住所が、異なっている訳ですね。

 

金融業界では、このような時には補助書類を提出しなければならない事が多いです。現在の住所を証明する為の書類ですね。

 

その際には、領収証が有効な事が多いです。電気やガスや水道などの領収書王身分証と一緒に提出する訳ですね。その領収証は、たまに補助書類と呼ばれることがある訳です。

 

では車買取の場合はどうかというと、領収書では無効です。領収書というより、住民票を提出しなければなりません。つまり現在お住まいの住所が記載されている住民票を、車検証などと一緒に提示する必要がある訳ですね。なおかつ複数回の引越しをしている方々などは、住民票の除票が必要になる事も多いのですが。

 

金融業界の場合は領収書が有効になるので、やや手軽な一面がありますね。しかし車買取では正式な住民票が必要になるので、やや形式ばっている一面もあります。
セルシオ 買取

 

もっとも車というのは、かなり高額なものです。多くのお金が動く物だけに、必要となる書類もやや形式的なものになるのでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ